高度医療機器を装用しています、それは

コンタクトレンズ、大抵の人は眼鏡の代わりに使いますよね。
現在はファッション性を併せ持つもの等、様々なコンタクトレンズがあります。
私がコンタクトレンズを使用するのは眼鏡の代わりという意味もありますが、治療の意味合いも強いのです。
病名は円錐角膜、難治性の眼の疾患です。
角膜が円錐状に突出してくるため、その突出を抑えなければなりません。
重症化すると角膜の移植手術が必要になりますが、中程度〜位であれば、ハードコンタクトレンズで症状を抑えることができます。
ただ、円錐角膜専用のレンズを使うことと、フィッティングが難しいため、眼科医には相応の技術が要求されます。
また、現在はある程度価格が下がっていますが、やはり安い買い物ではありません。
ある日、装用中に違和感を覚えたので掛り付けの眼科医に赴きました。
レンズを調べて貰ったところ傷はないものの、タンパクの付着等で、かなり汚れている状態でした。
その頃私は洗浄剤をころころ変えていたので、それが原因だったのでしょう。
買い換えかなあ、と思っていたのですが、たまたま訪れていたレンズメーカーの方に、医師が状態を説明して、何と専用の薬剤で洗浄していただきました。
買い換えはの方がメーカーの利益になるはずですが、きっちり洗浄していただけたのでその後も使用することができ、感謝でした。

港北区の歯科クリニック

エスカ歯科・矯正歯科

名駅 歯科

蟹江 歯科

理想の診療所を築きませんか?
歯医者さんの独立に強力なパートナーがいます。

最新記事